長野県小川村立屋(たてや)地区の歴史、遺跡および伝統文化をまとめたホームページです。

筏ヶ峰戸隠神社【奥社、宝光社】の歴史

近年のできごとをまとめています。
=====================

年月日できごと
平成13年12月30日小林憲幸宮司、死去 (永年、筏ヶ峰戸隠神社の宮司)
平成14年1月9日小林家、小川神社合同葬
平成14年7月宝光社お祭り、塩沢伊藤恵神主にて催行
平成14年10月塩沢・立屋両区では戸隠神社を小川神社への合嗣を模索
それを知った戸隠、藤井宮司より直属にしてはとの話がくる
平成15年2月17日戸隠神社中社において、戸隠・小川の合同会議を行う

<戸隠・小川の合同会議内容>
参加者 戸隠神社:藤井宮司、水野禰宜、他役員3名
    塩沢:小林良一、小林光秋、伊藤正輝
    立屋:保科武義、村越洋太郎、小林義宏、各総代出席

「参考:戸隠との会議以前にまとめた立屋の意向としては、
地元(立屋)の負担が大きくならないということであれば、戸隠に
お願いしてお祭りをやっていただくことに賛成の声が多い」

戸隠神社と小川戸隠神社との会議の合意内容
1.平成15年度より戸隠神社直属のお祭りとして行い、準備は地元役員(当番)が中心に行う。
2.宮司謝礼は無しとする。
3.直会は地元、塩沢-奥社、立屋-宝光社の負担で行う。
4.神社、鳥居などの修理、改修等の費用は、双方話し合いの上、原則戸隠の応援により行うこととする。

年月日できごと
平成15年7月2日宝光社お祭り
今回より戸隠神社、藤井宮司にてお祭りを催行、
祭典-宝光社境内にて、直会-林りん館、会費-1000円
当番:表立屋、SFW会員特別参加あり
平成15年10月奥社お祭り、 塩沢区において
平成19年7月宝光社お祭り、大々神楽奉納あり

<役員>
平成12年4月―15年3月   
 塩沢:◎小林良一、小林光秋、伊藤宗善、伊藤正輝
 立屋:○小林義宏、村越洋太郎、保科武義、横川伝治
平成15年4月―18年3月
 塩沢:◎伊藤宗善、伊藤正輝、楠広志、伊藤忠一
 立屋:○小林義宏、村越洋太郎、寺島千美、村越光憲
平成18年4月から代表役員
 ◎伊藤宗善、○小林義宏 
 小川神社総代8名の各位が役員となる
年月日できごと
平成20年宝光社への道路一部を車道とする工事を行う.
残りの部分開通に県教育委員会との検討の必要がある
平成21年7月5日午後2時、宝光社祭典
祭典后、役員改選は区の総会の折に決定することとなる
平成22年3月14日立屋区総会にて、宝光社役員改選
代表役員:保科武義
代表役員副:村越洋太郎・和田守
役員:小川神社総代
平成28年戸隠神社、藤井宮司退任し、水野宮司就任する。
平成28年7月筏ヶ峰戸隠神社―今年より新水野宮司によりお祭りを催行する
雨天の為、林りん館にて行う。
平成30年7月宝光社祭典久しぶりの青天となり水野宮司初の境内で祭典となる。
令和2年7月5日宝光社祭典:天候不順の為林りん館にて行なう。
20年余り途絶えていた立屋の神楽ばやしが復活する。
12時より裏立屋公民館前、
その後表立屋にて太鼓・獅子舞をお披露目。
午後2時より林りん館での神事に於いて奉納する。
会費1500円
令和3年5月26日立屋区臨時総会にて総代交代。
村越洋太郎から寺島千美へ
役員:小川神社総代(大日方幸夫、小林勝幸)
令和3年7月4日雨天のため林りん館にて神事を行う。
新型コロナ対策により、神楽奉納なし、カンパイのみ行い直会はなし。
会費1000円

PAGETOP